../training/お電話でのお問い合わせ 06-6624-6217

販売力アップ&「売れる」売場づくり一覧に戻る

滞留時間を延ばす「レイアウトマンの法則」

Kサポートは近鉄グループをはじめ、様々な商業施設において、売上を上げるお手伝いをさせて頂いております。売上と滞留時間は正比例で上昇いたします。お客様の滞留時間を「いかに延ばすことができるか」ということは、とても重要です。

行動心理学に基づいて考察しています。

つまり、感性だけではなく「確率を上げる」科学の分野のお話です。

15の法則にまとめてお伝えしておりますが、これを「レイアウトマンの法則」と呼んでいます。
このレイアウトの法則をマスターし、売場・ショップを手直しできる者がレイアウトマンです。
(※弊社には男性スタッフだけではなく、女性スタッフも複数おります)

ご依頼いただいた商業施設・ショップにレイアウトマンがお伺いし、座学研修・現場での実践手直しを させていただいております。

以下に15の法則の一例をご紹介します。


① 2枚の写真を比べた時に、全ての商品が手に取り易いのはどちらでしょう?

雑誌などの写真撮りなら綺麗に見えますが....

シンメトリーじゃないけど
ワンアクションで手に取り易いのはこちら


解説 お客様が比較・検討しやすく手に取りやすいのは右の写真です。売上は右側の方が高くなります。
「お客様が比較・検討される棚(手に取れる棚)は、高さの△構成より、手前から奥の▽構成が優先」です。

② どちらの写真の方が、売れるでしょうか?
また、美味しそうに見えるでしょうか?

その値段以上でも以下でもなく○○○○円にしか見えない

「テーブルに飾ったら綺麗だろうなぁ」
「綺麗だわって、きっと喜んでくれるはず」


商品名のポップが商品を隠し、美味しさが伝わらない

食べている場面を連想できる・味を描ける


解説 右側の方が、贈って喜ばれた場面・自分が食べたところを連想できます。味を描けます。
ギフトアイテムであっても、プライスやポップを前面に置くことは、マイナスがとても大きいのです。

皆様、いかがでしたか?

これらはほんの一例ですが、アイテムの大きさや環境が違っても15の法則は、驚くほど有効に機能いたします。

  • 適正な什器レイアウト・入店間口の取り方・ボディの位置・棚のピッチ
  • 視認導線先のフェースアウト位置 ・各アイテムの並べ方 ・POPの位置 など

お店の環境に合わせて、ベストな提案をいたします。

研修をさせていただいた商業施設・ショップの方々からは、「入店客数が格段に上がった」・「売上も好調に 伸び始めた」など、お声をたくさん頂戴しております。
ご興味のある方はぜひお問い合わせくださいませ。
お待ちいたしております。




Kサポートの教育研修・人材育成サービスのお申込み方法はこちら

お問い合わせフォーム
もしくはお電話にてお問い合わせ
教育体系構築のご相談から
教育研修プログラムに関するご質問まで
まずはお気軽にお問い合わせください。
お申込み受付中の
公開講座から選んでお申込み
少人数・個人のお客様にも
低料金で受講していただける
1回完結型の講座です。